ヨーゼフ室内管弦楽団

当団はハイドンの交響曲の全曲演奏を⽬指して設⽴されました室内オーケストラです。

当団ホームページへお越しくださいまして、ありがとうございます。ハイドンの交響曲でよく耳にするのは、後期のザロモンセットに含まれるものが殆どではないかと思います。ベートーヴェンの師であり、同じ時代を生きたモーツァルトや、後世の作曲家たちに少なからず影響を与えた著名な作曲家であるにもかかわらず、ハイドンの作品は一部の交響曲や弦楽四重奏曲等しか耳にする機会がないのが現状ですが、珠玉の名曲揃いと言われる交響曲に対して演奏家として向き合うことは、素晴らしい音楽体験になるであろうと考えます。どこまでチャレンジできるかは分かりませんが、あまり類のない企画であることに大いなる意義を感じつつ、続けて参りたいと思います。また、演奏会を通して私たち演奏者とともに、皆さまもハイドンの音楽の躍動感、楽しさ、美しさを共有することができましたら幸いです。

お知らせ/News


第10回演奏会 延期のお知らせ

2020年8月23日(日)に開催を予定しておりました第10回演奏会は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を鑑み、延期とさせて頂きます。
楽しみにしてくださった皆さまには大変申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
延期後の公演日時につきましては、こちらのホームページでお知らせいたします。
 
皆さまにおかれましては、どうぞ健康に過ごされますよう、心からお祈り申し上げます。

Twitterはこちら  @JosephOrchestra

当団の取材履歴

■ 2016/2/11 第2回定期演奏会

当団指揮者の岸本祐有乃先生が、毎日新聞の取材を受けられました。毎日新聞デジタルサイト「パウゼ」(休止の意)というコーナーで、「サムい音楽業界をあったかく」というタイトルで、マエストラの音楽に対する想いから、日々の取り組みまでが紹介されました。

  

■ 2016/8/21 第3回定期演奏会&練習

当団指揮者の岸本祐有乃先生が、NHKテレビ番組「ひるまえほっと」の取材を受けられました。番組の新コーナーである「女の選択」のトップバッターとして、指揮者を目指す転機などがドキュメンタリータッチで紹介されました。(当団も少々紹介いただきました)

当団について/About us


当団はハイドンの交響曲の全曲演奏を⽬指して設⽴されました室内オーケストラです。

当団ホームページへお越しくださいまして、ありがとうございます。ハイドンの交響曲でよく耳にするのは、後期のザロモンセットに含まれるものが殆どではないかと思います。ベートーヴェンの師であり、同じ時代を生きたモーツァルトや、後世の作曲家たちに少なからず影響を与えた著名な作曲家であるにもかかわらず、ハイドンの作品は一部の交響曲や弦楽四重奏曲等しか耳にする機会がないのが現状ですが、珠玉の名曲揃いと言われる交響曲に対して演奏家として向き合うことは、素晴らしい音楽体験になるであろうと考えます。どこまでチャレンジできるかは分かりませんが、あまり類のない企画であることに大いなる意義を感じつつ、続けて参りたいと思います。また、演奏会を通して私たち演奏者とともに、皆さまもハイドンの音楽の躍動感、楽しさ、美しさを共有することができましたら幸いです。